デスノート動画>デスノート紹介



スポンサードリンク

デスノートとは?

『DEATH NOTE』(デスノート

原作・大場つぐみ、作画・小畑健のサイコサスペンス漫画である。

2003年12月から2006年5月まで、「週刊少年ジャンプ」(2004年1号 - 2006年24号)に連載された。

また、これを原作とする実写映画・小説・アニメ・ゲーム作品、および作中に登場する架空のノートを指す場合もある。

概要

2003年8月に、「週刊少年ジャンプ」へ掲載された読み切り漫画が元になっている。

名前を書かれた人間は死んでしまうという死神のノート「デスノート」を偶然手に入れ、それを使って犯罪者を次々と粛清していく主人公・夜神月(やがみ ライト)と、大量殺人犯として月を追う名探偵・L (エル)との闘いを描いた物語である。

単行本は初版100万部(漫画単行本最速記録)の売り上げを記録している。2004年の売り上げは、発売から1年目で年間ベスト10に入った。また、12巻までの累計発行部数は2530万部を突破した。

注目点

ストーリーにおいて特筆すべきは、主人公が犯罪者であり、悪役の視点で物語が進行している点である。

ただし、最終回では彼が必ずしも悪かどうかは断定せず、正義とは何か、という謎を読者に問いかける形で終っている。

さらに重要なのは、大量殺人者であるキラが、「神にも救世主にもなりうる」ということである。

月は私利私欲のためにデスノートを使うことはなく、犯罪者を裁くために使用しており、それゆえキラの存在を単純に「悪」と言い切るのは難しい。

死刑制度や犯罪被害者等基本法の今後のあり方、刑罰の厳罰化など、今日の社会が持つ闇の部分にスポットを当てた作品とも言える。月や魅上は世間一般の感覚からすれば、善人の部類に入ると考えられる人間だが、デスノートの力を手にすることによって、いとも簡単に大量殺人に手を染め、それを正当化してしまう人間の心の闇もまた描かれている。

絶対的正義の否定や法律の存在意義を暗に考えさせる部分もみられ、映画版においては法律を独善の対極にある存在として描かれている。

このことから、異色作と評価されることが多い(ただし、作品終了後のインタビューでは作者である大場つぐみ・小畑健両人は善悪論をテーマとは考えておらず、各読者が個人で考えるべき事という要旨の発言をしており、両氏とも個人的な考えでは月を悪だと言い切っている)。

また、探偵側・犯罪者側のどちらも、一般人の常識に捉われておらず、ただ自己の信念のために戦っている。際立ったカリスマ同士のバトルであることも、本作の大きな特徴といえる。

デスノートの基本ルール

1.デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。

2.書かれる人物の顔が頭に入っていないと効果は無い。
 ゆえに、同姓同名の人間に一遍に効果は得られない。通称名などでは不可。

3.名前の後に人間界単位で40秒以内に死因を書くと、そのとおりになる。

4.死因を書かなければ、すべてが心臓麻痺となる

5.死因を書くとさらに6分40秒、詳しい死の状況を記載する時間が与えられる。

【参照資料:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』】

気になりながらも、ずっとこのマンガを読まなかった単純な理由は、デスノートの基本ルール1の名前を書いたら、書かれた人は死ぬとだけ思っていたからだ。
それだったら、物語も薄っぺらなものになるだろうと思っていた。
でも、基本ルール2の、人物の顔が頭に入っていないと効果は無い。
このルールにより、同姓同名のまったく知らない人間が死ぬことはないし、無差別の殺人が可能ということでもなくなってくる。
よく考えられているな〜と思った。

物語が進むとルールはどんどん増えてきます(^ ^)


スポンサードリンク







この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40790220

この記事へのトラックバック

アニメ デスノート6
Excerpt: アニメ デスノート6 16話 決断。 あまねみさが捕まり、取調べを受ける。 エルが第二のキラと断定したのだ・・・。 取調べを受けるみさを見ていたライトは、自分はキラかもしれない と、エ..
Weblog: アニメの庭
Tracked: 2008-11-07 13:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。